AVIとは何でしょう?AVIは何の略?

AVIファイル、AVI再生、AVI変換など、動画関連をパソコンで見るときに必ずと言っていいほど、「AVI」とい単語を目にしますね。

AVI再生ダウンロードなどをする前に、AVIの意味について学んでおきましょう。

「A」→“Audio”
オーディオと書いたら分かりやすいかもしれませんね。日本語になっていますもんね。「音声」という意味です。

「V」→“Video”
ビデオです。これは、説明するまでもありませんね。AVIの「V」はビデオです。

「I」→“Interleave”
挿入する、ということです。パソコン用語では「メモリーなどを交互配置する」という意味です。

日本語の意味を知っても、AVIに関しては意味不明ですね。

日本語の意味はあまり気にせず、AVI再生、ダウンロード、AVI変換などに励んで下さいね!

AVIを変換してDVDで観賞するための知識や、攻略情報がギッシリと詰まっている書籍はたくさんあります。AVIをテレビで再生するためには、DVDに焼いて再生しなくちゃいけません。AVI変換や、AVI再生に関する情報が満載ですので、しっかりと勉強しましょう。

AVIファイルをMPEG2に変換してDVDで見る(その2)

AVIファイルを変換し、DVDに焼いて、テレビ画面で見るためのテクニックです。

AVIをDVDに焼くための行程で気をつけないといけないところがあります。

AVIファイルをDVDメディアに焼く場合は、フォルダまるまる焼きましょう。

注意すべき点は、リッピングしたファイルの順番通りに焼くようにしないと、市販されているDVDプレイヤー(それ以外のDVDプレイヤーって何とは言わないでね)では、再生できない可能性があります。
(可能性としては低いですが、念には念を!ですね。)

AVIなどの動画をDVD形式にコンバートしたとき、「VIDEO TSフォルダ」と「AUDIO TSフォルダ」が作成されます。

もし、「AUDIO TSフォルダ」が無い場合は、「VIDEO TSフォルダ」と同じ階層に「AUDIO TSフォルダ」を作成し、一緒にDVD焼きましょう。

AVI再生 音声 動画 文書ファイルの初心者向けマニュアルもたくさん販売されています。AVI再生、AVI変換だけに限らず、初心者向けから上級者向けまであります。

またファイルも様々な種類があり、AVI/MP3/UMA/MPEG/QT/WAVEなど様々なファイルの種類があります。

初心者向けのAVIをはじめとするファイルの仕組みと変換方法のマニュアルがあれば、敷居の高い、AVI変換方法を学べば、あなたもAVI再生に向けて、AVIマスターできるはずです。

aviファイルをMPEG2に変換してDVDで見る

aviファイルの動画をテレビという大画面で見るための方法を説明します。

圧縮作成されたavi形式の動画をMPEG2に変換し、DVDに焼き、DVDプレイヤーを通じてテレビでの大画面(14型テレビもここでは大画面ということにします…笑)で見るという方法ですね。

(基本的に、avi形式ファイルは、作成された時点で圧縮されています。)

『注意点』
(1)
ウイルス対策ソフトなどによる、自動アップデートや定期的なウイルスチェックなどが、avi変換作業中に作動しないようにする。

(2)
Windows Update(ウインドウズ アップデート)などが起動しないようにし、スクリーンセーバーは作動しないようにする。

(3)
10分程度でモニターの電源が落ちる、パソコン電源が落ちるというような設定は無効にする。

(4)
定期的なメールチェックも無効にする。

(5)
avi変換作業は、非常に長い時間がかかりますので、Webページを開いたり、サーフィンしたりしないようにする。

(6)
音楽CDなどを再生しながら、もしくは、ハードディスクのMP3などを再生しながらやらないようにする。

要は、avi変換作業中は、パソコンavi変換に集中させてあげるようにしましょう。

今、注意点としてあげたようなことをしながらavi変換を行なうと、変換し終わったものを再生したときに、DVDプレイヤーで再生することが出来ない、音や動画が飛び飛びでしか再生できない、のような、DVDへの焼きミスが発生します。

aviに変換する (RealPlayerをaviに変換 その3)

aviファイルに変換するには字で書けば長いですが、いざやってみると簡単ですよ!

さぁ、前置きはほどほどに、RealPlayerをavi 再生するためにaviファイルに変換する方法の完結編です!

前回の記事(RealPlayerをaviに変換 その2)の続きです。

もし、ダウンロード済のファイルがあるなら、そのファイルのアイコンを「R7C」へドロップ(ドラッグして入れること)してください。

この作業をすれば、URLに目的のファイルの名前が表示されます。

(Webから直接ダウンロードをしながら変換するのであれば、URLの欄に「RealPlayer」のデータのアドレスを記述すること。)

さて、続きまして、保存するファイル名を「Output欄」に記入しましょう。そして、記入し終えたら、「Go」ボタンを押します。

(この作業は、それなりに時間がかかります。ここでaviファイルに変換されます。)

皆さんも、無事に「RealPlayer」から、aviファイルに変換できるように祈っています!

RealPlayerは、最近のパソコンでは初期設定の段階からパソコン内に設置されていることが多いですね。昔は、ダウンロードしてきて使っていましたけどね。Windows Media Playerのみしかなかったこともありましたからね。

ちなみに、僕はRealPlayerはあまり好きではないですけどね。

AVIに変換する (RealPlayerをAVIに変換 その2)

AVIに変換する初期設定を引き続き紹介します。

前の記事で紹介したように、「ResizeR7C」を利用したならば、「R7C」の右にバックが黒で浮いてはいるものの、はみ出したボタンなどが表示されるようになってますので、大丈夫です。

続いて、「Options」ボタンを押して設定画面を出します。

その中にある「Convert」というものは何を「変換する」かですので、「Image + Sound」の映像と音声の両方を選びましょう。

AVI再生に向けて、AVI変換の道のりはまだまだ続きます。

では、「Video Codecs」(ビデオ コーデック)で映像の圧縮に使うCodec(コーデック)を指定しましょう。

ここのところは、お好みにお任せします。

300kbps未満のデータで「XviD」を使う場合、「SinglePassのQuantizer4.0」でOKです。

(ただ「RealPlayer」よりファイルサイズが大きくなり、やや画質が落ちます。)

音声は「Audio Codecs」(オーディオ コーデックス)で指定しましょう。「MP3」を指定しておくのが無難です。

ただ、「Windows」標準の「MP3 Codec」が使われるのでビットレートの上限が下がります。

「R7C」にはサンプリングレートを変える必要があるデータは、音がずれるという問題があります。

これが気になって仕方ないという人は「PCM」で書き出してあとで別のツールを使ってAVIファイル内の音声だけを圧縮するという方法を選択しましょう。

AVI再生、AVI変換の道のりはまだまだ続きます…。

AVIに変換する (RealPlayerをAVIに変換 その1)

AVI再生するためには、AVIファイルに変換しないといけません。

RealPlayerは、パソコンで使い慣れているプレーヤーでは再生できないのが欠点と言いますか、難点の一つですよね。

RealPlayerのバージョンが上がれば上がるほど、再生できなくなったりするデータも多くなってしまい、非常に苦労します。

では、AVI再生するために、RealPlayerのファイルである「*.rm」「*.ram」を、AVIファイルに変換する方法を説明します。

RealOneで再生できていたデータの一部分が、「Real7」や「Real10」などがRealOneで再生できないというのは、よくあることですよね。

AVIファイルに変換する道のりは、長いようで短いようで…。

まずは、「R7C」をダウンロードしましょう。

これをフォルダに解凍します(解凍に関しては、まだ別の機会に説明します)。ここで注意が必要なんですが、「R7C」は直接起動をしないで、「ResizeR7C」をダウンロードして「R7C」と同じフォルダに解凍しましょう。

そして、「ResizeR7C」をまず起動します。(日本語環境で表示できるようにするため)

「ResizeR7C」というのは、「R7C」の横幅を終了ボタンが日本語環境で表示される程度に拡大するように作成された起動補助プログラムです。

パソコンの環境によっては、上手に動作しないかもしれません。

もし、うまく動作しなかった場合は、起動の順番を逆にしてみてください。
(R7Cを起動してからResizeR7Cを実行)

AVIで再生するために、AVIに変換する作業は、まだまだ続きます…。